パラサイトを観たり今日が楽しみだったりしながら思うこと


いつだってそうと言えばそうなのだけれど、今回は特に、今まできっとずっとそこを目指して歩んで来たのではと思えるような時を迎えるかもしれなくて、眠れない。それが単なる思い過ごしで終わったとしても、今この瞬間胸がもの凄く高鳴ってる。

最近話題のパラサイトを観て色んなことを想ってた。

生まれつく場所や育つ環境、才能、色々な特質は平等とは言えず本当に人それぞれだけど、それぞれにそれぞれの他人にはわからないような苦労とか喜びとか色んな感情があって、しかもそれは時と共に移ろう。そして目に見えるものはいつか朽ちる。

沢山の悔しい事も抱えて時には諦めて拠り所を求めて傷付け合うそんな繰り返しを重ねて

でも雁字搦めになって大人ぶって蓋してるものも、本当のところまだそこにあって、それが腐ってるのか熟成されてのるかを嫌でも知るときが来るね。

私はこの世でほんっとうに生きづらい。今でも生きづらい。信じてるものや大切なもの、知恵や色々を昔よりは手にしたけど、少しは強くなったと思うけど、今日みたいにワクワクでではなく眠れない夜だってある。日々ぶつかる難題は色々あって、泣くこともたっくさんある。

周りのどんな分野のどんな地位のどんな立ち位置の人たちを見ていても、楽しい嬉しいだけで生きてる人は居ない。このところなんていつ何処で誰に何が起こるかわからない。自分には関係ないなんて、無い。

かと言って絶望ででももう生きていない。いつだって希望を握ってる。

誰もお互い様なんだからもう揚げ足取り合うのも見てて懲り懲りだし、見下し合って蹴落とし合ってプライド保って一体何になるんだろう。その結果幸せというなら、幸せって恐ろしいな。

そりゃ簡単に言えることばっかじゃ無いよ。仕事がなければ生活できないし、何をするにでも運やタイミングだってあるだろう。定員だってある。持って生まれたものや年齢で決まることも沢山あって、努力すれば全てが叶うとは思ってない。

でも多くの人を苦しめていることが既存のシステムの問題で起きてる事ならそれ自体を解決していけるように考えていきたい。悪い事してる人が居るならどうしたらその人が更生できるかを考えてできる限りで助けていきたい。法的な罰以上にその人間自体をいつまでも袋叩きにし続けるのではなく、貴重な時間眉間にしわ寄せて文句だけ言い続けるのでもなく。

わたしは幼い頃もっと家に母親がいて欲しかった。もっともっと自分に注意を向けて欲しかった。バレエ習いたかったし周りの友人達みたいに家族でディズニーランドとか行ってみたかった。小学時代兄の病気の為にやむを得なかった転校先には全然馴染めずいつも泣いてた。兄が亡くなってから、わたしが死ねば良かったと思わない日はなかった。そう思わざる負えないほど追い詰められた環境だった。高校も途中で辞めて(通信制に移って)週5で働いて、歌手になる夢を追って実費でボイトレに行きやっとの思いで獲得したデビューの道も強制的に閉ざされて、高校卒業後に上京して”専門学校へ行ったこと”自体も半ば強いられたことで本望じゃなかった。その本望じゃなかった学校へ行くために借りた34歳まで支払わなければならない奨学金の返済は今だってキツイ足かせ。短期留学に関しては自分の意志で、祖父が手を差し伸べてくれた、一生忘れない恩。

専門学校卒業してからのアルバイトしながらの夢追い人時代は常に日暮らし、風邪ひいても病院行けなかったり、支払いが出来ない時はリボ払い地獄にはまったり。関東一人暮らしで奨学金返しながらだから、「今月はオーディション受けに行ったら生活費がない」とか、お金がないことで掴めないチャンスも沢山あった。

自分が望んで就職せず選んだ道だけど、社会人になる前から自分の本当にやりたいことや夢を応援・支援してもらえていたとしたら状況も心も全く違ったと思う。自分は愛されていると感じながら育ってないからある部分が歪んだまま大人になってしまったし(修復中だよ〜)、そのくせ悲劇のヒロイン的に生きたくなくていつだって楽しそうに生きてるフリが癖になっていたからか思いの外妬まれたりもしてきて(直接「羨ましかった」とか言われることも結構あってその度驚いた)どう存在していたらいいのか、生きづらかった。今思えば周りに言われることとかそんなに気にしなくて良かったのだけど自己肯定感がなかったから超気にしたんだよね。。

金銭主義にはなりたくないしなる気はないけど、この世で生きる上でお金は大事だし、育った環境はどうしたって人生を大きく左右する。

夢どころか生活していけるかという境地から動けない・いつ解放されるかという状況に強いられている人たちが居るということも踏まえたらなんて贅沢な話、という風になってしまうけれど、じゃあ自分の素質を伸ばしたり目標を追おうとするということが悪なのかといったら全然違うと思う。

だって神様が一人一人に個性を与えてるし、沢山の歯車があって世界は動いてる。そして個人の特質を活かした仕事や活動が生活もままならないような人たちの生活や生きる目標を支援することにも繋がっていく。

周りが遊んだり自分のしたいことのための勉強・練習したりしている間に汗水垂らして上京する貯蓄のため・生活のための仕事ばかりしなくてはいけなかった時間というのは苦しかったワリに合わず特に日本では一般的に尊敬される経歴ではないし、本人でさえ不毛に思えてばかりだった。若いからこそ出来て後からではもう遅いことだって実際にある。そうじゃないものも沢山あるとは言っても。

でも今になって思うのは、「これでよかった」と100%は思えなくても、たらればなんてのは本当にたらればしかない事を理解して、四苦八苦含めて人生で、過ぎたことは受け止めて前に進むしかないし、良くも悪くもどんなカード持ってたってそれらを命ある間に活かしきれるかどうか、だと。

そして恨みや憎しみを持ってしまうことがあったとしても、+のエネルギーに変換していくこと。自分を苦しめた人たちや状況を想像してできる限り良い理解をする努力をして、赦していく意志を持てたら、強い。そして何をするにもどんな動機と、目的で、かが凄く重要でそこで人生の質が変わる。

過ぎてしまえばあのタイミングで専門学校に行ったからこそ学べたこと、出逢えた人々、良かったことはもうめちゃめちゃ沢山あって、実際学歴に助けられたことだって既にあった。10代の時歌手デビューをしていたらとんでもなく変な方向にいっちゃってたかもしれないしね、天狗になって堕落してしまったりとか。実際にはわからないことだけどね。

人が成長するときというのは試練のときである場合が多い。その過程で隠れていた自分を見つけるし、その先は想像を越える自分になれる。それは別にわかりやすい目に見える成功とか成長ということに留まらず、人生の見つめ方とか、人に対する思いやりとか、色々。だからある種試練様さまだし、全て自分の思い通りになってる人なんか一人も居ないのだと謙った目で周りを見るようになればわかる。若い時に全てが順風満帆過ぎたことを嘆いてる人に会ったことだってあるくらい。

それに人は自分の欠点や”ないこと”に目が向きがちだけど”あること”だってあったはず。そして多くを持つ人だろうと持たざる人だろうと、輝いて見える人は努力してる。

わたしは全然まだまだ人間として超未熟だけど、でも、これまで人知れず遭遇してきた問題とか削られるように生きた時間という不毛に思えた物事たちは絶対身になってるし、最近になってそれを肌身で感じることが増えた。予想外の展開や環境の変化に強いし、転んでも転んでもしぶとく立ち上がるんだわたしは。笑

そりゃ時に自分にないものを持ってる人を見たりしていいなぁと羨んでしまうようなことはあるけどそんなのは一面・一部でしかないと解るから妬みにまで発展させないし、自分には価値がないなどと創造主にでもなったようにジャッジすることすら心底愚かにいまは思う。

もっと大変な思いしてきた人なんかいくらでもいるよって言われても、それはそうかもしれないというか実際にそうだと思うし、でも本当の本当のところは神様にしかわからない。特に内側のこと。全て持っているように見える人だって本当に幸せかどうかなんてわからないし、いつ何処で何時それを失うのかも、逆に何も持って居ないように見える人が喜びに溢れているかもしれないし、全てはある時に逆転するかもしれないのだから。人生長い。そして時に応じて手のひら返す人にわたしはなりたくない。

補い合いたい。

・・

今現在、昔持っていたような”悔しさを晴らすために見返してやる”的な憤り的野望はもうなくて、そうではなく日々の平安とか関わる人たちとの笑顔とか、時には戦いもあるけどそんな中にでも励ましとか支えとか、そういうものを地道に大切にしたい、自分の得た経験で励ますことのできる人が居るならそれをしたい。という思いに変わった。

その思いに根差した夢や目標はあるしそれとは別に行ってみたい場所もやりたいこともまだまだ色々とあるけど、なんだかど〜ぉでもよくなっちゃった、手放したこともめちゃめちゃある。これからどうしようかなってまだ迷う部分とか、どんな風に道が拓かれるのかわからない部分も勿論もりもりあるんだけど、導かれるままに、という感じ。選別するのは自分だけど、成るようにしか成らないところに神様の御目、御手があると信じてる。わたしの思いや考えより遥かに遥かに高い次元の意図が。

今まであった色んなことに乾杯。今周りに居てくれてる人に感謝。

そして何よりも何よりも、ジーザス、アイラブユー!








人気の投稿